サービス競争で多様化する働き方

昨今ではさまざまな分野において価値観が多様化するなど、人々を取り巻く環境に大きな変化が巻き起こっています。以前であれば、朝早く起きて仕事に行き、夕方には自宅に帰るといったスタイルが大半を占めていました。しかしサービスの質の向上などの理由よりそれ以外の働き方が起こってきており、極端なことをいえば24時間365日の臨戦態勢が必要になってきているといえます。

そんな中において夜勤や早朝の時間帯の勤務などの必要性が取り上げられるようになっており、働き方も多様化してきています。とくに、夜勤が必要になる仕事については、医療介護業界や小売業界、流通業界などであり、その内容をみれば昼間の時間よりも重要性を増しているといえます。

医療介護現場においては少ない人数で多くの利用者をみるという危機的状況が続いており、ケアマネジャーやケアワーカーなどの指示のもとに、パートが勤務をすることになり、人間を相手にするということもあり、多くの神経を使う仕事だといいます。しかしその一方で、人に頼られるという充実感も味わえるということで、励みになるという意見も多くあります。

また、小売業界においては、ファストフード店やファミリーレストラン、コンビニ店などの接客やバックヤードなどを担うことが多く、昼間にできなかった商品陳列や厨房機器のメンテナンスなどを担当することも多いといわれ、その店舗を陰で支えるという珍しい職場環境を味わうことができます。夜間は基本的に人が少ないので、人付き合いが苦手な方にオススメできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です